京都 地下鉄四条駅、阪急烏丸駅、徒歩3分 《一般社団法人日本カイロプラクターズ協会®認定治療院》

075-361-5885
9:00-12:30 14:30-19:30 (水曜12:30迄・土曜16:00迄)
[定休日] 日曜・祝祭日

075-361-5885 [定休日] 日曜・祝祭日
9:00-12:30 14:30-19:30 (水曜12:30迄・土曜16:00迄)

腰部脊柱管狭窄症

腰部椎間板ヘルニア専用ベッド
専用ベッド

腰部脊柱管狭窄症とは、腰部での神経の通り道である脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通る足へ向かう神経が、圧迫されることにより起こる症状です。

具体的には、腰部椎間板ヘルニア、加齢による脊椎骨の変形(骨棘)、靭帯の肥厚(石灰化)、腫瘍、サブラクセーション(骨のズレ)などによるものです。

腰部脊柱管狭窄症の症状
腰痛や、下肢のしびれ、脱力感、坐骨神経痛同様の痛みなどが自覚症状であり、しばらく立っていたり歩いたりすると症状が出現し、座って休むと症状が和らいで、また歩けるようになる、というのが典型的な症状です。

治療法

初診時に、整形学検査、神経学検査、筋力検査、カイロプラクティック検査など、さまざまな検査により原因を特定します。腫瘍などの場合は、外科的な処置に委ねますが、それ以外でしたらカイロプラクティック治療が効果を発することも多く見られます。

  • 主に背骨全体の関節のズレや股関節などの可動域を改善する。
  • 腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアの専用ベッドでの治療。
  • 腰部の筋肉や靭帯、関節包などの癒着( 腰痛参照)を改善する。
  • その他には、各々の状態に合った治療をします。
MENU