京都 地下鉄四条駅、阪急烏丸駅、徒歩3分 《一般社団法人日本カイロプラクターズ協会®認定治療院》

075-361-5885
9:00-12:30 14:30-19:30 (水曜12:30迄・土曜16:00迄)
[定休日] 日曜・祝祭日

075-361-5885 [定休日] 日曜・祝祭日
9:00-12:30 14:30-19:30 (水曜12:30迄・土曜16:00迄)

足のしびれ

足のしびれは不快な症状のひとつです。しびれにより歩行が困難になったり、歩行時につまづいて転倒し、骨折や頭部を打つなどの重大な損傷を引き起こす可能性があります。

足のしびれの原因
足のしびれの原因は、大きく分けて4つが考えられます。
  • 1. 腰部疾患
    腰部脊柱管狭窄症腰部椎間板ヘルニアなどが代表的な疾患です。これはカイロプラクティックの適応症です。かなりの改善がみこめるので、是非受けてみてください。
  • 2. 殿部の筋肉・靭帯の癒着
    例えば、小殿筋や梨状筋に筋肉の癒着が何らかの要因で起こると、足へのしびれ・関連痛などの症状が下記の図の様に出る事があり、この癒着は筋肉なのでレントゲン撮影には写らなく、腰部脊柱管狭窄症腰部椎間板ヘルニアと類似した足への症状が出る事があり、それらの治療や施術を受けたが改善をされなかった場合は、小殿筋や梨状筋の癒着の施術で良くなられる事もあります。
    また、筋肉の癒着の問題だけでなく、骨盤にある靭帯の癒着からも足へのしびれ・関連痛などの症状を出す事もあり、患者さんの状態を調べながら施術をすすめていきます。足へのしびれ・関連痛などの症状
  • 3. 糖尿病などの代謝性疾患
    糖尿病による神経障害では両足のしびれがあったり、特に足の裏のしびれなどが特徴です。血糖値などの血液検査でわかります。糖尿病が原因の場合、カイロプラクティックは適用できません。
  • 4. 足の動脈病変
    閉塞性動脈炎が代表的な疾患で、動脈硬化などが原因の場合もあります。動脈硬化が原因の場合は、カイロプラクティックは適用できません。病院をご紹介します。
「腰部疾患」と「足の動脈病変」の鑑別法
歩行により足に痛みやしびれが出現または悪化し、休むと症状が楽になる場合の鑑別チャートは以下の通りです。
  • 1. 立っているだけで足の痛みやしびれが出現または悪化しますか?
    「はい」と答えた方は2に進んでください。
    「いいえ」と答えた方は動脈病変の可能性があります。病院で一度検査をおすすめします。
  • 2. 前屈姿勢により、症状が改善しますか? 悪化しますか?
    「改善する」と答えた方は腰部脊柱管狭窄症
    「悪化する」と答えた方は腰部椎間板ヘルニア
    の可能性があります。どちらもカイロプラクティックの適応症です。

治療法

  • 背骨や肋骨など関節のズレを治して姿勢を改善する。
  • 腰部脊柱管狭窄症腰部椎間板ヘルニアの専用ベッドでの治療。
  • 各々筋肉や靭帯などの癒着( 腰痛参照)を改善する。
  • その他は各々の状態に合わせ治療します。
MENU